群馬県前橋市下小出町二丁目16-7
027-232-1561

初登庁、3月議会へ

日本共産党前橋地区委員会の吉田なおひろ(直弘)です。「市政を希望に変える」をスローガンに活動しています。

初登庁、3月議会へ

24日に初登庁。4人の市議で集合写真を撮りました。

お花は、前橋市の新婦人内後援会の皆さんからいただきました。ありがとうございます。

前橋市議会は2月投票で選挙が行われるので、選挙後、いきなり3月の予算議会に向けた準備が始まります。

2021年度の一般会計年度の当初予算案は、1,563億6000万円規模です。
前年度比で8.3%増と、過去最大規模の予算です。

コロナ危機の中で、いかにして市民の命と暮らしを守っていくのか、政治の責任が問われる3月議会です。

前橋市の計画するコロナ対策、デジタル化、GIGAスクール構想、子育て、教育、高齢者福祉などなど、共産党4人の市議で予算案を討議して、質問を準備していきます。

私も、初質問に臨む予定です。

3月議会の日程ですが、

3月3日 開会
3月9日 代表質問
3月11日 総括質問
3月15日 総括質問
3月17日 総務常任委員会
3月18日 教育福祉常任委員会
3月22日 建設水道常任委員会
3月23日 請願審査
3月26日 閉会

という議会スケジュールになります。

党市議の質問のタイムスケジュールと内容が決まったら、また皆さんに案内します。

ところで、

医療従事者へのワクチン接種が始まり、ワクチン接種はこれから徐々に進んでいくこととは思います

ワクチン接種と同時に、PCR検査を抜本的に強化し、感染拡大を抑え込むべきです。

医療機関への支援で医療態勢を支えながら、市民の命と健康を守ることが求められます。

ただし、ワクチンもまだまだ情報が少なく、副反応などを考えると、すべての人がワクチンに適合するかはわかりません。あくまでも本人の希望を尊重するべきです。国は、得られた知見や副反応の情報を医療関係者、地方自治体との共有を急ぎ、市民に対して正確な情報を示す必要があると強く感じます。

よし、質問作り頑張ろう!

シェアして吉田なおひろを応援!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です