群馬県前橋市下小出町二丁目16-7
027-232-1561

75回目の終戦の日。前橋市の街頭で訴えました

日本共産党前橋地区委員会の吉田なおひろ(直弘)です。「市政を希望に変える」をスローガンに活動しています。

75回目の終戦の日。前橋市の街頭で訴えました

こんばんは!

75回目の終戦記念日を迎えました

小池書記局長の談話を赤旗で読んで、街頭宣伝に出発

終戦記念日にあたって 日本共産党書記局長 小池晃

↑リンクを貼りましたぜひ談話をお読みください

今日は、たなはしせつ子群馬1区予定候補、酒井宏明県議と一緒に終戦記念日にあたっての訴えをしました

新型コロナの猛威が振るう中での終戦記念日となりました

改めて過去の事実に向き合い、二度と戦争をしないという先人たちの決意を
未来に引き継いでいく決意を述べました

同時に、安倍首相がコロナ禍の混乱のドサクサで憲法9条を変えようと動いていることを批判し
「軍事費削って、くらしと医療を守れと訴えよう」と訴えました

犠牲者の数は

アジア・太平洋地域で2000万人 日本国民300万人

心から哀悼の意を表します

新型コロナ危機のもとで、市民の皆さんが望んでいることも改憲ではなく暮らし、経営への直接・継続的な支援です。消費税減税を求める声も強くなっています。

本来、こういう時に国民の命を守るのが政治の使命だと思いますが
野党が求めても、憲法53条に従って国会を開かない

こういう政治を放置したくない

自民党は「国会で議論することはない」といいますが職務怠慢です

憲法守って国会ひらけと訴えることも必要です

何より、憲法を守り、国民の命を大切にする政府に変えましょう
市民と野党の共闘の力で
安倍政権、自民党・公明党に代わる新しい政治を作りましょう

10万円の特別低額給付金も持続化給付金も
市民と野党が一緒に声を上げて実現しました。
声を上げれば政治は変えられます。

ご一緒に政治を変えましょう。

今日の首相式辞では、「反省」どころか「歴史に向き合う」という文言まで消えました
首相式辞の内容は、原爆への被ばく、戦争の加害の事実に背を背けました
それどころか「積極的平和主義」を明言
政府の命令で戦争できる国づくり前のめりです

小泉進次郎環境相、萩生田文部科学相、衛藤晟一沖縄北方相、高市早苗総務相
の4閣僚は靖国神社を参拝しました

歴史に対するおろかな無知を晒し、あまりにおろかです

西ドイツのヴァイツゼッカー前大統領は、1985年の連邦議会の演説で

”過去に目を閉ざすものは現在にも盲目となる”

事実に向き合うことが未来への羅針盤となります

二度と過ちを繰り返さない。そのために歴史の事実に向き合い
核兵器禁止条約の早期発効に取り組みます。

国際社会と、未来志向の関係を築き上げるためにも

憲法9条を守る、集団的自衛権の閣議決定を廃棄し、戦争法を廃止する政府を
実現するために全力を尽くします。

シェアして吉田なおひろを応援!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です