群馬県前橋市下小出町二丁目16-7
027-232-1561

広島原爆の日

日本共産党前橋地区委員会の吉田なおひろ(直弘)です。「市政を希望に変える」をスローガンに活動しています。

広島原爆の日

1945年8月6日 午前8時15分

広島への原爆投下から75年が経過しました。

広島平和宣言2020もご覧ください

はじめに、

安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから。

被爆者たちの戦後一貫した粘り強い運動で生まれた核兵器禁止条約は、

あと10か国の批准で効力を発しようとしています。

被爆者たちが高齢化で次々に亡くなっています

とにかく素早い行動で、核兵器の廃絶を進めていきたい

一日も早い核兵器の違法化へリーダーシップを発揮すべきが日本の責任じゃないでしょうか

なにが「核保有国と非核国の橋渡し役だ」といいたい

政治を変えよう、核兵器禁止条約に参加する政府を作ろう

広島平和宣言が提起するように

自国第一主義に陥らず、世界の市民社会が「連帯」してこそコロナに立ち向かう条件はできる

そして、核兵器廃絶の条件も「連帯」の先に希望はひらかれます

そのために、被爆者の皆さん、平和を願う市民社会の一員として連帯を広げる立場で頑張ります

力を合わせましょう。

히로시마에서는 당시 원폭때문에 2773이상 사람들이 돌아가셨습니다.

모든 원인은 정쟁과 일제 식민지 정책이었습니다.

편안하게 자서하십시오. 실수는 반복하지 앉겠습니다.

シェアして吉田なおひろを応援!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です