群馬県前橋市下小出町二丁目16-7
027-232-1561

市政革新。

新型コロナから命・くらしを守り抜く。 
済生会前橋病院は充実を、

8時間働けば普通に暮らせる社会へ

ブラック企業なくし、雇用安定へ。労働組合活動15年の経験を生かして賃金・労働環境・雇用問題の対策に全力をあげます。

30人学級実現、給食費無償化へ

子どもや学校の困難・問題を解決するために少人数学級を実現します。公立学校の給食費は無償化をめざします。

地域医療の充実・公共交通の拡充

済生会前橋病院の統廃合ストップ! 医療・福祉、そして公共交通を充実させ、誰もが生活しやすいまちづくりに奮闘します。

ごあいさつ

原点は“平和”。
憲法を暮らしに活かし、市政に希望を

新型コロナから命・暮らしを守り抜く決意を込めて。
声を上げれば政治は変わると実感できる市政に転換します。力を合わせましょう。

吉田なおひろの政策

福祉と暮らし最優先の市政へ

医療・介護の労働組合で15年間活動しました。
新型コロナで、市民の暮らしは大打撃を受けています。命と生活を最優先の市政へ転換。
市民の命・尊厳を大切にする市政を目指し、皆さんの声を届けます。

雇用・商業・インフラ・まちづくり

ブラック企業の根絶と雇用の安定

地震、風水害など防災対策の強化

大規模開発を見直し、持続可能なまちづくりへ

前橋市の財政は、県内トップ水準です。 税金の使い方を少し見直すだけでも、市民の暮らしを支えられます。
大型開発にかたよった市政を見直して持続可能な社会を実現しましょう。

子どもの未来政策

30人学級の実現、学校給食の無償化

18際までの医療費と保育の無償化

子どもの均等割の廃止など、国保税の引き下げ

若者たちほど、将来の年金や社会保障に不安を持っている世の中、やっぱりおかしい。
子どもたちが未来に希望を持って元気に育つことのできる世の中を実現します。

高齢者福祉・公共交通政策

特別養護老人ホームの増設

介護保険料・利用料の引き下げ

国民年金減額の中止と最低保障年金の確立

マイバス新路線の増設など、公共交通の充実

住民福祉の増進こそが市政の一番の役割。住みよい、便利な前橋をつくります。
財源を理由に暮らしに向き合わない市政を変え、一緒にみんなの願いを声に出していきましょう。

住宅・衛生政策・平和・国政問題

住宅リフォーム助成制度の創設

豚コレラ対策の強化

平和資料館の開設

消費税の5%への引き下げ要求

9条改憲の反対、野党連合政権の実現

市民の声を代表して国政にモノ申すことも、市議会の大切な役割のひとつです。
皆さんの声をまっすぐ市政、県政、国政へと届けて、市民の暮らしに役に立つ市政を実現します。

吉田なおひろのプロフィール

医療・介護現場ではたらく人たちと力を合わせて、命を守る地域医療の充実を求める運動や平和運動を進めてきました。
プライベートは、ザスパ一筋でサポートしています。

詳しく見る
吉田 直弘(よしだ・なおひろ)

1978年9月2日生まれ(乙女座)
桐箪笥と麦わら帽子、クレヨンしんちゃんの町・埼玉県春日部市生まれ。
人形の町・岩槻市(現さいたま市岩槻区)で育ち、結婚を機に群馬県前橋市へ移る。
東岩槻小学校、桜山中学校、昭和鉄道高校機関科を経て、共栄学園短期大学英語学科卒。

趣味

古墳・遺跡めぐり
旅行
スポーツ観戦

好きな本

『春秋左氏伝』
『史記』
『三国志』

好きな映画

『シンドラーのリスト』
『マイケル・コリンズ』
『ウォール街』

好きなスポーツチーム

ザスパクサツ群馬
埼玉西武ライオンズ

活動報告ダイアリー

新型コロナ問題で市教育委員会との懇談に参加

こんにちは。吉田なおひろです。 5月15日発行の前橋市の後方[…]

Read more

新型コロナ対策で市に申し入れ

今日は、共産党の北関東一斉宣伝の日でした。 市内各地で酒井宏[…]

Read more

暮らしを支える制度の紹介

コロナ疲れは相当なものを感じます。 海外と同じように子どもへ[…]

Read more

お問い合わせ

共産党や吉田なおひろへのご意見、ご要望のほか、市政へのご要望・ご質問をお寄せ下さい。

シェアして吉田なおひろを応援!